posレジシステムを導入

便利機能がたくさん!あなたに合ったposレジを見つけよう

多機能で便利なposレジをチェック

posレジには一体型やタブレット型などさまざまな種類があり、導入する環境や使用する目的に合わせて選べるようになっています。種類によって特徴や導入にかかるコストも違ってくるので、目的に合ったものを探すことが大切です。ここで種類やランキングなどを見ていきましょう。

posレジの種類やランキングをチェック

店員

ターミナル型

スーパーやコンビニなどでよく見かけるposレジです。商品カウンターのある大型のものから、小さいスペースでも設置できる小型のもまであります。ターミナルposは専用機なだけあって、機能性や操作性に優れており、導入数が一番多いposシステムでもあります。

ハンディターミナル型

pos専用機をハンディータイプで操作できるものです。注文情報をデータベースで送信することができるため、発注作業などで移動の多いスーパーなど小売店でよく使用されるタイプになります。小型で持ち運びにも便利なため、スペースがない店舗にも選ばれています。

タブレット型

タブレットやスマートフォンにposシステム用のアプリケーションを導入して使うものになります。専用のposシステムよりも導入コストが低く、中小企業でも取り入れやすいタイプとなっています。

posレジシステムをランキングで比較

no.1

USEN Register

多機能なposレジシステムを低コストで導入することができ、スマートなデザインと直感的な操作性に優れているので、初めて操作をする人でも安心して使えます。年中無休のサポート体制を取り入れているため、導入時や導入後の不安や悩みを解消することができます。

no.2

ポス・キューブ

メニューの追加や変更、テーブル座席の設定、売上データの管理といった飲食店に必要な機能を初めから多彩に実装しています。その他にも、勤怠管理や複数店舗の売上を一括で管理することができる便利なものとなっています。

no.3

スマレジ

集計や商品登録といった基本的な機能にオプションを加えることで、ポイントシステムや在庫変動履歴などを管理することができます。必要に応じてアプリケーションをインストールする必要がありますが、操作しやすく導入コストも低めです。

no.4

ユビレジ

初期費用が安く、各種アプリケーションをインストールすることで利用することができます。タブレット系の操作になるので、利用者がセットアップすることができます。身近なposシステムとして人気となっています。

no.5

はんじょうPOSレジ

Android端末のみ対応となっており、導入には現地調査や打ち合わせなどを行なう必要がありますが、飲食店に特化した設計になっています。そのため、飲食店に必要な機能が実装されており、顧客からの要望にも柔軟に対応してくれます。

[PR]

posレジシステムを導入!
業務を効率よくこなす。

新着情報

posレジシステムを導入した人の声

混雑時でもレジ業務をスムーズに行なえます

posレジを導入するまでは、レジ会計がとても負担でした。ですが、バーコードの読み取りができるのと、自動釣銭機と連携したことで混雑時でもミスすることなく対応することができるようになりました。手打ちだった作業がなくなたのでとても楽です。

複数の店舗を一括で管理できるのが魅力

チェーン店の売上げや在庫管理などを日報で管理していましたが、それだと時間と手間がかかるので悩んでいました。posレジシステムを導入してからは日報の作成を待たずに、本部で売上集計を行なえるようになったため、スムーズに複数店舗を管理することができています。

お客様の満足度がアップしました

posレジシステムでは、売上のデータを収集・分析が行なえるため、お客様のニーズに合ったサービスや人気の商品などを把握することができます。ポイントシステムやDM発行などを取り入れたことよって、顧客満足度がアップしました。

不正防止になる

以前、レジのお金が盗まれていたこがありましたが、結局犯人が誰だったのかわかりませんでした。posレジはレジ閉めをした後が自動的にロックがかかり、操作した人の顔や名前を記録することができるので、不正防止に役立っています。

勤怠管理やレジ閉め作業が楽になりました

レジ会計だけではなく、スタッフの勤怠管理も同時に行なえるのでとても助かっています。レジ閉めに時間を費やすことも多かったのですが、posレジを導入してからはかなり作業も楽になりましたね。

広告募集中