posレジシステムを導入

一般的なレジではできない業務をposレジで行なう

posレジシステムの基礎

レジ

posレジと一般的なレジの違い

posはpointofsalesの頭文字を取ったもので、日本語で訳すると販売時点情報管理という意味になります。posレジは、お客様と金銭のやり取りをした時の販売情報を管理するシステムを搭載したものになります。ネットワークを通して情報を集約したり分析したりすることができるのです。

posレジシステムでわかること

posレジには商品がいつ、何が、何個、いくらかで売れたことを正確なデータを記録したり管理を行なったりすることができる機能が備わっています。それに加えて、顧客の性別や年代、来客人数を把握することもできます。

posレジの動向

一般的なレジは、大きくて持ち運びにくい、打ちにくいといったデメリットがありましたが、最新のposレジは小型化やでデータベースのクラウド化によって幅広いところで導入されるようになっています。汎用型のタブレットさえあれば、専用のアプリケーションをインストールするだけで利用できます。

posレジを利用している飲食店の割合

posレジとはスーパーやコンビニといった小売業者や、大手飲食チェーンで利用されているイメージが強いですが、手軽に導入できるタブレット型や小型のposレジが増えてきたことによって、個人経営の飲食店でも利用している人が多くなっています。導入のハードルが低くなった分、利用する飲食店は増えてきています。

導入までの流れ

posレジを導入するためには、まずはposレジ会社に問い合わせをします。その後見積もりの検討をして契約の流れになりますが、posレジには初期設定やトレーニングが必要です。会社によっては期間を長く設ける場合もあるので、利用する一ヶ月前から検討するようにしましょう。

広告募集中