posレジシステムを導入

posレジシステムなら安心!セキュリティ対策について

posレジシステムを安心して利用する

レジスター

情報流出を防ぐ構造

posレジシステムは一般的にサーバと端末に分かれており、顧客情報を端末に保持しない、もしくは限定した情報のみを保持することができる仕組みになっています。あらかじめ情報流出のリスクを考えられて設計されています。

盗難防止アイテムで端末の盗難を防ぐ

posレジは持ち運びが楽な分、盗難に遭いやすいといったリスクもあります。それを防ぐために、限られた場所でしか利用できない専用のワイヤーや、複数の端末を管理できる金庫などがあります。専用のカバーを使って移動の制限をかけることもできるので安心でしょう。

端末の破損を防ぐためにしっかりとカバー

端末の持ち運びで多いのが、落下による破損です。万が一破損してしまったら、重要なデータを失う可能性もあります。posレジシステム専用のアクセサリをつけることで、飲食店のハードな環境下でも安全に操作することができます。

不要な端末いじりを対策する

タブレットの場合、posレジ専用機ではないため、インターネットを触ったり資料を電子化したりすることが可能です。店舗にとってメリットになりますが、スタッフがインターネットで遊ぶのではないかと不安に思うこともあるでしょう。専用のサービスを利用することで端末の操作を制御したり管理したりすることができます。

勝手に行なわれるosのアップデート

タブレット端末に限って起こる問題ですが、osが勝手にアップデートされてしまうと今まで利用していたアプリケーションが動かなくなってしまうことがあります。そうなると不具合が生じるようになり、業務にも影響を与えてしまいます。スタッフだけではなく店舗側や企業側でも注意することが必要です。

広告募集中